NPO法人葉山まちづくり協会 〒240-0112葉山町堀内1874  TEL046-876-0421 office@hayama-npo.or.jp
by npohmk
葉山まちづくり協会HP
カテゴリ
開店しました!!
タグ
最新の記事
検索
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
by npohmk | 2016-04-30 16:19 | 葉山レポート
2016年 04月 14日
第4回 きらく座 石川さん
2016年4月8日(金)第4回きらく座
今回は館ギャラリーに展示中「葉山・和の調べ」に多大な協力をいただいた箏・三絃「櫻会」主宰の石川弥生さんに三味線の鈴木さんの飛びいり参加で、普段聞かれない箏・三味線についての話と演奏がありました。

d0160606_114536.jpg日本に古くからある楽器・「箏」。
「箏」と「琴」は別の楽器で最大の違いは、箏は柱(じ)と呼ばれる可動式の支柱で絃の音程を調節するのに対し、琴は柱の代わりに指で絃を押さえて調節する。


d0160606_11465169.jpg筝の演奏と地唄を披露
石川さんの朗々とした歌声が響きました。
箏は昔の曲から現代曲まで幅広く演奏が出来る楽器です。







d0160606_11455599.jpg石川さんのお弟子さんで三味線の鈴木さんは、地歌三味線と端唄三味線の違いについて説明してくださいました。









d0160606_11471747.jpg鈴木さんの三味線の演奏。
それまでは運動系だった鈴木さん、定年後「さて、これから何をしよう?」と思っていたある日のこと新橋で新内流しの三味線を聞いたのがきっかけでこの道に。
三味線の糸が切れるハプニングもあったが、慣れた手つきで直され、何もなかったように演奏されました。
三味線の糸は絹で出来ていてばちの尖ったところがあたるとどうしても切れやすいとのこと。










d0160606_11462393.jpg「さくら さくら」を石川さんに教えられ参加者も箏に触れる機会を得、貴重な体験ができました。








d0160606_11523568.jpg最後は箏と三味線で
「さくら さくら」の合奏で締めくくり。
by npohmk | 2016-04-14 12:35 | 葉山レポート
2016年 02月 20日
三浦乙女椿
ご存じですか 葉山原産 秩父宮妃殿下が名付親

昭和10年頃、 秩父宮妃殿下により命名されました。妃殿下が御用邸周辺を散策された折、民家の庭先にピンクのツバキが咲いていたのがお目に留まり、一枝、御用邸に持ち帰られ、埼玉県植物園に勤務されていたツバキ研究の第一人者で日本ツバキ協会理事の中村恒雄氏を御用邸にお呼びになり、このツバキの名前をお聞きになりました。 中村氏は初めて見る花だったようで「私はこの花の品種名を存じておりません」と申し上げたところ、妃殿下から「それなら三浦乙女と名付けましょう」と仰せになったといいます。御殿場の「秩父宮記念公園」にも見られます。
その他、茅ヶ崎氷室椿庭園でも見られ、2月~4月が見ごろです。
d0160606_14431577.jpg
色:淡桃色、花びら:千重~八重咲、花弁は25枚程で順次小型になる。
花の大きさ:中輪(大輪に近い)
花期は3月~4月・バラに似て凛として気品があり人気の優良花です。

d0160606_14464687.jpg
d0160606_14473272.jpg
葉山町上山口永津和夫氏宅に生育する三浦乙女椿は巨大な椿樹。
樹齢は不明だが、園芸種であることから江戸時代後期と思われる。
標高差5メートル程の斜面に植わっている。
                          
                                               
                             写真提供:伊東良孝氏(三浦ツバキ園)
                 

by npohmk | 2016-02-20 15:16 | 葉山レポート
2016年 01月 11日
第1回[きらく座]開催!
きらく座「葉山ふるさと絵屏風」の話
新年から基本的に毎月第2金曜日、気軽におしゃべりを楽しむ[きらく座] を開きます。葉山は人材の宝庫。さまざまな領域の方を囲んでお話を聞かせていただく予定です。
初回1月8日金は「葉山ふるさと絵屏風(レプリカ)」を前に継承会の方から制作にまつわるお話を聞きました。

d0160606_16310253.jpg1月8日(金)~1月22日(金)まで。
葉山まちづくり協会の館ギャラリーに展示中の「葉山ふるさと絵屏風(レプリカ)」。
昭和30年代~40年代の上山口・木古庭の暮らしを五感で受け止めたものをあらわした心象絵図である。



d0160606_16313557.jpg「ふるさと(古里)絵屏風継承会」の今井さんから制作のきっかけ、里山として残っているこの地区・里山をどうやってまもり、次世代につなぐか?プロジェクトチームを2012年に立ち上げ3年の歳月をかけ2015年に完成したこと。作ったら終わりではなくこれからが始まりで地域の未来を創造していくものに活用することが大事であること、など話があった。



d0160606_16315496.jpg上山口小学校6年生(29名)がこの絵屏風の中から各自絵を選び、句をつくり[かるた]を作成し昨年12月に出来上がった。
「子どもたちの発想はすごくて、僕などかなわない。」と今井さん。絵屏風をきっかけに
食文化ージャム・梅干し・こんにゃく・味噌つくりーなど地域おこしへと夢は続きます。
お知らせ:第2回きらく座 次回は2月26日(金)《第2金曜日は休館日》
話し手は郷土史・文化財研究会の片山さんです。
どんなお話が聞けるのでしょう?    
by npohmk | 2016-01-11 12:42 | 葉山レポート
2015年 10月 12日
筝(こと)について
葉山三曲会・会長の石川弥生さんに日本の伝統楽器である筝(こと)についてお話を伺った。
葉山町文化祭(11月3日)で葉山三曲会演奏会が開かれる。
  ※三曲とは筝(琴)・三弦(三味線)・尺八(または胡弓)の三種類で演奏することです。

d0160606_10441937.jpg筝の弦は十三本の弦と十三個の筝柱(ことじ)からなり、筝柱(ことじ)を動かすことにより、音域を変えられる。
琴は柱がなく、弦を押さえる位置で音の高さを変える








d0160606_10440209.jpg筝は龍の姿に見立ててそれぞれの部分に名前が付いている。
例えば象牙で出来ている「口前」











d0160606_11171848.jpg[六段の調」の楽譜
向こう端から一・二・三・・・十
そして十一からは斗為巾を弾きます。
古くから伝わる和楽器なのに知らないことばかりですね。
この続きは「葉山の仲間たち」25号でどうぞ!
                                    取材:山渕喜美子

by npohmk | 2015-10-12 11:14 | 葉山レポート
2015年 10月 04日
神明社あさいち 「下山昔話紙芝居」お披露目
10月4日下山口にある神明社で「神明社あさいち」が開かれました。この朝市は3年前から月に1度行われている。東日本大震災を機に「地域住民の顔と顔を繋ごう」と境内で憩いの場作りを始めた。この日は「下山昔話紙芝居」も初披露されるとあって多くの人が集まりました。

d0160606_16314728.jpg階段下に「神明社あさいち」と
「下山昔話紙芝居」の旗がヒラヒラ。


















d0160606_15363664.jpg神明社は下山口の鎮守で社殿は昭和50年に焼失したが、階段そばの庚申塔は町内最大、天明元年(1781)に造立されたもの。










d0160606_15370626.jpg萩の花・いが付きの栗・手作りのお団子など季節の飾り付けが秋を演出し、紙芝居の始まりを待ちます。










d0160606_16324523.jpg紙芝居「しもやま よもやまむかしばなし神明社の巻」は縦26cm×横36cmの大きさで12枚組。漁村文化保存会が神社の由来・消えつつある文化や昔の暮らし方を子どもたちにも楽しめる形で伝えようと紙芝居を思いつき、伝承や文献をもとにおよそ2年がかりで制作。




d0160606_16325577.jpg子どもたちは雑談もせず、紙芝居に見入ってました。
「もっと騒がしいかと思ってたけどずいぶん静かだったねー。」と読み手の方たち。
「意味が分らないところもあったけど、面白かった」と子どもたち。






d0160606_16325943.jpg紙芝居を小冊子にしたもの。
 





                            
                                   
                                    取材:山渕喜美子

by npohmk | 2015-10-04 16:48 | 葉山レポート
2015年 08月 01日
鈴木さん宅の蓮
2015年7月28日(火)一色・そうてつローゼン隣にある鈴木さん宅の蓮は今、見ごろを迎えている。
6月下旬~8月半ばまで楽しめる。綺麗な花を見たければ午前中がお勧め。
130鉢、50種類の蓮がある。
 池や沼・自然の中にある蓮は植え替えなくて良いが、ここは鉢に植えているので3月には絡まった不要な根を切り、植え替え作業を行っている。1鉢50キロもあるので重労働。
夏場・朝になると鉢の中の水がなくなっているので4時に起き水遣りに2時間かかるらしい。

d0160606_16313106.jpg


d0160606_16323884.jpg


d0160606_16325781.jpg

              取材:山渕 喜美子
by npohmk | 2015-08-01 16:36 | 葉山レポート
2015年 06月 14日
葉山マラソン2015
6月7日(日)第40回葉山町民健康マラソンが行われました。 南郷上ノ山公園にて
d0160606_11044122.jpg

d0160606_11084848.jpg
d0160606_11094197.jpg
小学3・4年生、5・6年生(男・女1・5㌔)、中学生、一般、男子45歳以上、女子40歳以上の6クラスで競い、特別賞、町長杯、教育長杯の贈呈もありました。
主催:葉山町陸上競技協会

by npohmk | 2015-06-14 11:12 | 葉山レポート
2015年 05月 30日
葉山ふるさと絵屏風お披露目会
5月9日上山口会館で「葉山ふるさと絵屏風」お披露目会が行われた。
上山口、木古庭町内会、近隣の山地を所有する大和ハウス工業と関東学院大学が参加し,1960年代の、景観ばかりではなく音、匂いなど「五感の記憶」を次世代に残そうと
2013年「葉山絵屏風プロジェクト」がスタートし完成したもの。
制作にあたっては滋賀県立大学助教の上田洋平さんが提唱する「心象図法」を採用。

d0160606_11383118.jpg「どんなのかなー?」皆、固唾をのんでその時を待ちます。









d0160606_11355576.jpg関係者によりいよいよ除幕。










d0160606_105164.jpg屏風は和紙にアクリル絵の具を使用。木古庭から滝の坂隋道までが描かれていて4扇からなる。
第一扇(右)から「春、夏、秋、冬」とし、①稲作②畑作③家を中心④山林と地域、⑤寺、神社、小学校と地域の人々の暮らしぶりを描いている。




d0160606_12460962.jpg「あれはあそこだ」
「あの人は僕かもしれない?」
地元の人たちそれぞれの思い出が蘇ります。







d0160606_11392921.jpg最後にこの「葉山ふるさと絵屏風」の完成を記念して作られた「共なるふるさと」を大合唱!
作詞を絵屏風継承会・この制作責任者である岩澤直捷(いわさわなおかつ)さんが担当した。

 
                          
d0160606_12022126.jpg保管するのも大きいので二人がかり.
今後 両町内会では「ふるさと(古里) 絵屏風継承会」と「語りべの会」をあらたに発足、地域絵解きを通じての伝統文化の発信と継承、小学校や地域のイベントの公開も予定している。

7月3日~5日 葉山町福祉文化会館での「葉山まちづくり展」で特別展示される。

                                       取材:山渕喜美子

by npohmk | 2015-05-30 11:57 | 葉山レポート
2015年 04月 19日
鈴木邸
一色にある大きな農家で、この建物は現所有者の祖父が持山に生えている欅、杉、松材を用いて建築した。建前には職人全員が「鈴木」のはっぴを着用し、一日に米一俵の米を使用して祝ったという。

d0160606_15130694.jpg瓦葺きの木造平屋建ての現在も残る建物。
初夏には、前庭に並んだ鉢に丹精こめた色とりどりの蓮の花が咲く。
















d0160606_15294931.jpg手前が玄関、右が縁側。正面の広く開放的な縁側は周り廊下になっている。











d0160606_15243042.jpg細かい六角形を入れ込んだ精緻な細工がなされている障子。
右は「よこもっこう」の家紋が入った仏壇。










d0160606_16232674.jpg


















d0160606_17170052.jpg
この家で撮影された高倉健の映画「海峡」のワンカット。
 
   取材:柳川義晴/山渕喜美子
by npohmk | 2015-04-19 15:48 | 葉山レポート