NPO法人葉山まちづくり協会 〒240-0112葉山町堀内1874  TEL046-876-0421 office@hayama-npo.or.jp
by npohmk
葉山まちづくり協会HP
カテゴリ
開店しました!!
タグ
最新の記事
葉山写真塾⑫
at 2017-05-24 15:42
葉山写真塾⑪
at 2017-05-24 14:21
第16回 きらく座「引き出せ..
at 2017-05-20 13:39
里山管理体験-たけのこ堀
at 2017-04-29 15:52
第17回 葉山まちづくり展開催!
at 2017-04-21 10:30
検索
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
# by npohmk | 2016-04-30 16:19 | 葉山レポート
2016年 04月 23日
名店・新店物語<5>「つばき米店」「セカンドハウスHA・YA・MA」
d0160606_17171698.gif
こだわりのお米
「つばき米店」
 県道27号線沿い、木古庭児童館そばにある「つばき米店」。創業は1962年。現在は4代目となる。
 「安心・安全・美味しさ・信用第一」をモットーに、誠実な商売を長きにわたり続けた結果、葉山をはじめ横須賀、横浜にも多くの顧客を持つ。
 お店いち押しの米は「雪つばき」。新潟コシヒカリの中で、その年の美味しい米を厳選し、ブレンドした米だ。精米の仕方にもこだわりがあり、精米して1週間以内の米が店頭に並ぶ。「炊きたての米は何でも美味しい。だから、米は冷めてからが勝負。おにぎりがとっても美味しい」「ここのお米を食べたら、他では買えない」と話すのは取材中に来店されたお客様。お店に置いてある産地直送の漬物もお米との相性がバツグンだ。店主のお話にも米に対する自信がうかがえる。
 来店・ご購入された方にはプラッシー(オレンジジュース)をプレゼント。もちろん配達もしてくれるので、問い合わせてみるといい。
 年末に販売するのし餅もおすすめだ。
d0160606_12031487.jpg


















隠れ家レストラン
「セカンドハウス HA・YA・MA」
そのレストランは木古庭の県道から山へ抜ける道を数分歩いたのどかな里山に囲まれたところにある。築150年の納屋を改築した店内に入るとふたりのスタッフがやさしい笑顔で迎えてくれ、そこから静かで穏やかな時間が始まる。昔のままの太い梁、廊下に置かれた茶箱、建具のねじ締りの鍵などが懐かしいおばあちゃんの家を思い起こさせる。何時までものんびりと過ごせる場所でありたい、そんな思いもお店の名前「セカンドハウス」にあるという。
 シェフの伊東さんはもともと葉山出身、京都で修業をしたあと葉山に戻りレストランを始めた。隣の畑で育てた野菜、地元でとれた魚や肉を使った料理はどれも丁寧に作られていて見た目も味も「美しい」という表現がぴったり。庭の花や葉がそっと添えられているのもうれしい。
 窓の外に広がるのどかな景色と畑でとれる旬の野菜を使った料理を楽しみに、四つの季節ごとに訪れたいお店だ。

d0160606_11501539.jpg



# by npohmk | 2016-04-23 12:11 | HAYAMA「町の案内図」
2016年 04月 14日
第4回 きらく座 石川さん
2016年4月8日(金)第4回きらく座
今回は館ギャラリーに展示中「葉山・和の調べ」に多大な協力をいただいた箏・三絃「櫻会」主宰の石川弥生さんに三味線の鈴木さんの飛びいり参加で、普段聞かれない箏・三味線についての話と演奏がありました。

d0160606_114536.jpg日本に古くからある楽器・「箏」。
「箏」と「琴」は別の楽器で最大の違いは、箏は柱(じ)と呼ばれる可動式の支柱で絃の音程を調節するのに対し、琴は柱の代わりに指で絃を押さえて調節する。


d0160606_11465169.jpg筝の演奏と地唄を披露
石川さんの朗々とした歌声が響きました。
箏は昔の曲から現代曲まで幅広く演奏が出来る楽器です。







d0160606_11455599.jpg石川さんのお弟子さんで三味線の鈴木さんは、地歌三味線と端唄三味線の違いについて説明してくださいました。









d0160606_11471747.jpg鈴木さんの三味線の演奏。
それまでは運動系だった鈴木さん、定年後「さて、これから何をしよう?」と思っていたある日のこと新橋で新内流しの三味線を聞いたのがきっかけでこの道に。
三味線の糸が切れるハプニングもあったが、慣れた手つきで直され、何もなかったように演奏されました。
三味線の糸は絹で出来ていてばちの尖ったところがあたるとどうしても切れやすいとのこと。










d0160606_11462393.jpg「さくら さくら」を石川さんに教えられ参加者も箏に触れる機会を得、貴重な体験ができました。








d0160606_11523568.jpg最後は箏と三味線で
「さくら さくら」の合奏で締めくくり。
# by npohmk | 2016-04-14 12:35 | 葉山レポート